工場バイトはこんな人が向いている

毎朝きちんと起きられる人

工場のバイトは非常に地味なイメージがありますが、特殊な部分も多く、人によって向いていたり、向いていなかったりという差がはっきりと出ます。では、向いているのはどういった人になるのでしょうか。
まず、朝、決まった時間に起きるのが苦ではない人です。ほかの業種のアルバイトはシフト制でいろいろな時間帯に出勤することが多いですが、工場の仕事は基本的にみんなが同じ時間に働くので、アルバイトであっても就業時間は正社員とまったく変わりません。そのため、朝起きて出勤をするという生活をずっと続けていく必要があるのです。なので、低血圧なので朝起きることは難しい、あるいは朝まで飲むことが多いといった人は向いていないといえます。

注意深く集中力が持続する人

注意深い性格の人も向いています。工場の仕事というのは、たくさんあるパーツを一つずつ取りつけていって、手順書に従って確認をしていくといった作業が多いです。パーツをつけ忘れてしまったり、あるいは手順を飛ばして作業をしてしまったりすると、トラブルの原因になります。おおざっぱな正確な人だとミスが多くなってしまい、大変でしょう。
退屈であっても集中力を維持できるという性格も工場勤務では求められます。というのは、ライン作業は自分より前の位置で作業をしている人から製品が送られてこないと作業ができないので、場合によっては数十分以上やることがないという事態に陥ることがあるからです。そういったときでも、あからさまに退屈という態度を出さないことが大事です。