不安な気持ちを解消!初めての工場バイト

工場内は綺麗で快適な環境

工場の中は外からは見えないようになっているので、初めて工場で勤めるという場合、不安に思う人もいるでしょう。では、工場内の環境や仕事の進め方はどうなっているのでしょうか。
まず、空調についてはエアコンが完備されているのが普通なので、夏でも暑くないですし、冬は寒くありません。また、工場の中はほこりっぽいというイメージを持つ人がいるかもしれませんが、作っている製品によってはクリーンルームが存在しているので、まったくほこりがないところで仕事を行うこともあります。基本的に、どのようなものを製品している工場であっても、中はかなり綺麗だと考えていいでしょう。不潔な環境では、組み立てた製品にごみが混入してしまうといったことになってしまうからです。

ライン作業が多くタイトなスケジュールで進む

仕事の進め方ですが、基本的にはラインを使います。作業員がだいたい等間隔に並んでいて、それぞれの持ち場で決まった作業を行うのです。持ち場が入れ替えになるということはほとんどなく、梱包を担当する人はずっと梱包だけを行うことになります。女性の作業員も多く、電気製品の組み立てであれば、基盤に部品を半田でつけたり、あるいは検品などを行います。物を取り出したり、運んだりという力仕事は男性が担当することが多いです。
休憩時間は厳密に決まっていて、チャイムなどで知らされます。チャイムが鳴ったら、作業中でも仕事を切り上げて休憩に行くのが一般的です。残業があるかどうかは、その日の作業の進行具合によって決まり、就業時間中に管理職の社員に残業できるかどうかを聞かれることになります。

工場に派遣として働きたい場合、ネットで派遣会社や求人情報サイトに登録すると、ネットで仕事を探すことが出来ます。